出会い系サイトを利用して思い出に残っている体験談

私は過去に出会い系サイトを利用して出会いを求めていた時期がありました。では、そのときにあった思い出に残る話を紹介したいと思います。

私が当時25歳のときでした。相手の男性は30歳です。プロフィールを見たら、すごいイケメンで一目ぼれでした。年収もそれなりで趣味も同じだったので、運命を感じて自分から連絡をしたのです。相手から連絡が来てメールのやり取りをするようになり、良い感じになったので、直接会うことになりました。すごく好みの顔なので、早く会いたくてすごくワクワクしました。どちらかというと、最初は私の方から積極的なのではないかと思います。

そして、実際に会ったら、あまりにプロフィールの顔と違いすぎて、最初は誰か分かりませんでした。もちろん、悪い方の意味でです。あるところで待ち合わせをして、相手から声をかけてくれたのですが、あまりに違いすぎて心の中で「誰?」と思ってしまいました。ショックすぎて言葉が出なくて固まってしまったのです。まず、プロフィールでは帽子をかぶっていたのですが、本人は30歳のくせにだいぶハゲ上がっていました。おそらく、30代後半で真ん中の髪の毛はすべてなくなるでしょう。顔もなんとなくよく見れば面影があるかな?程度で言われなければ本人だと気がつかないと思います。あまりに脚色されていて、ショックを受けました。ですが、そのまま変えるわけにも行かず、その人と2人で会うことになったのです。

最初はご飯を食べに行きました。相手が良い場所があるから連れて行ってあげるといわれたのですが、すごい安いチェーン店で、さらに割り勘にさせられました。別に割り勘なのは良いのですが、その後、「このまま泊まらない?」と言われてホテルに宿泊されそうになりました。本当に気持ち悪くて「ごめんなさい。気分が悪くなってしまったので帰ります。」といって、彼の車を降りて逃げました。安いご飯屋に連れて行かれて、割り勘のあげく、初対面でホテルに連れ込まれるという最悪な出会いでした。それ以来、出会い系のサイトのプロフィールは信じないことにしました。

このように、私が実際に体験した出会い系での話しについて紹介しました。出会い系サイトは手軽に安く出会うことができますが、その分質が悪い人も登録しているので、気をつけなければいけないと思いました。私はそれからしばらく出会い系サイトを利用する気分になれず、退会してしまいました。私の体験談を参考にしてくださいね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です